栄養科

当院の栄養科について

 食事は、入院患者様の楽しみであると共に疾病の治療促進に欠かせない重要な役割を担っています。当院では管理栄養士が患者様を訪問し、疾病や状態に合わせた食事の提案や経管栄養の選択などを行っております。安全で美味しい食事を提供するため日々努力しております。

入院中のお食事について

 入院中のお食事は患者様1人1人の病気や症状に合わせた内容になっており、食物アレルギーのある方や低栄養の方には個別対応も行っております。食事についての相談がありましたら、お申し出ください。

【配膳時間】 朝食 8:00 / 昼食 12:00 / 夕食 18:00

【行事食について】
 入院中であっても四季折々の行事や旬の味覚を食事で感じて頂けるように、行事食を毎月提供しています。

行事食について

【選択食について】
  制限のない1部の食種を召し上がっている患者様を対象に、週3回(水・木・金)の朝食と昼食に2種類のメニューから選択して頂いております。

選択食について

栄養指導について

今日は飽食の時代と言われ、食べ物や生活習慣が原因となって生じる生活習慣病が深刻な問題となっております。その予防や治療には食生活を見直すことが必要です。栄養科では入院・外来患者様を対象に、1人1人の食習慣を聞きながら、その方にあった改善方法を相談・指導しております。(要予約)
食生活について不安や疑問のある方、健康を維持したい方は、主治医と相談のうえ、ご予約をお取り下さい。

NST(Nutrition Support Team)について

当院では、低栄養など栄養管理の必要な患者様に対して、多職種のメンバーがそれぞれの立場から知識や技術を出し合い、最良の方法で支援するチーム医療を行っております。構成メンバーは医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー(補佐として事務職員)となっており、栄養状態のアセスメントを行い、効率的な栄養療法を考案・実施して、患者様の回復を援助しています。