平成27年度 戸塚共立第2病院 病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 平成27年4月~平成28年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外(自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数117人96人114人121人198人217人409人618人600人234人
平成27年4月1日から平成28年3月31日までの期間に退院された患者様を年齢別に合計したものです。当院は横浜市二次救急拠点病院であり、幅広い年齢層の患者様にご来院いただいております。全体でみますと70歳以上の入院患者様は1452名となり、53%になります。高齢化社会に対応し、地域に密着した医療を担っております。また、小児の入院加療を行っており、特に小児鼠径ヘルニアの手術を実施しているため、0歳~9歳の入院患者様は117名となり、10代、20代を上回っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
150020xxxxx0xx細菌性腸炎手術・処置等2なし36人11.5日7.33日2.78%45.61歳
060150xx03xx0x虫垂炎虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等副傷病なし33人6.82日5.56日0%30.15歳
060102xx99xxxx穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患手術なし32人12.5日7.91日3.13%62.09歳
外科では消化器系疾患の治療に力を入れており、細菌性腸炎から虫垂炎(手術)、憩室炎などを中心に年齢問わず幅広く対応しております。また24時間365日体制にて診療を行っており、緊急性の高い患者様も多く来院されております。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等117人24.45日28.70日30.77%83.5歳
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし58人23.16日21.52日17.24%79.10歳
160850xx97xx0x足関節・足部の骨折、脱臼その他の手術あり副傷病なし31人6.32日10.43日0%45.71歳
整形外科では外傷に対応し、主に大腿骨骨折手術・胸腰椎圧迫骨折・足関節手術などの症例が多くなっておりますが、平成28年度からは専門医による『スポーツ整形外来』を設け、スポーツ選手の怪我や部活動で負った怪我等の治療に力を入れており、膝の靭帯損傷に対しする再建術なども積極的に行っております。手術後は早期の社会復帰に努めており、大腿骨骨折手術や足関節手術の平均在院日数は全国の平均在院日数を下回ります。大腿骨骨折や胸腰椎圧迫骨折は、退院後に介護施設等を利用されるご高齢の方が多いため転院率が高くなっております。
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050180xx97xx0x静脈・リンパ管疾患その他の手術あり副傷病なし267人1.88日3.46日0%59.88歳
050163xx03x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤ステントグラフト内挿術手術・処置等2なし12人11.50日13.19日0%76.42歳
050130xx99000x心不全手術なし手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし11人14.91日18.30日18.18%78.27歳
心臓血管外科では血管系手術を中心とした治療を担当し、特に下肢静脈瘤については「横浜戸塚下肢静脈瘤センター」を開設し、専門的に治療しております。更に胸腹部大動脈瘤などの手術に対応しており、いづれも全国の平均在院日数より早期に退院されております。心不全は、退院後に介護施設等を利用されるご高齢の方が多いため転院率が高くなっております。
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx0200xx狭心症、慢性虚血性心疾患経皮的冠動脈形成術等手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし87人2.45日4.87日0%68.34歳
050170xx03000x閉塞性動脈疾患動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし67人2.21日5.99日1.49%75.21歳
050130xx99000x心不全手術なし手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし24人13.17日18.30日20.83%79.54歳
循環器科では主に心臓疾患の治療を担当し、狭心症や閉塞性動脈硬化症については血管内カテーテル手術を行っております。いづれも全国の平均在院日数より短くなっております。心不全は、退院後に介護施設等を利用されるご高齢の方が多いため転院率が高くなっております。また厚生労働省の死因別死亡確率のデータによれば、日本人の死因の第2位は心疾患(高血圧症を除く)です。中でも狭心症などの虚血性心疾患は生活習慣病から進展することが多く、当科では早期診断を心がけております。
耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎手術なし34人5.50日5.53日0%40.24歳
030400xx99xxxx前庭機能障害手術なし31人5.55日5.31日6.45%62.74歳
030390xx99xxxx顔面神経障害 手術なし--9.79日--
耳鼻咽喉科では扁桃炎、眩暈症、顔面神経麻痺などを中心に治療を行っており、平均在院日数もほぼ全国平均となっております。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050200xx99xxxx循環器疾患(その他)手術なし16人1.94日7.92日0%14.13歳
100250xx99100x下垂体機能低下症手術なし手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし--3.86日--
040100xxxxx00x喘息手術・処置等2なし 副傷病なし----
小児科では起立性低血圧症・低身長の検査入院が多く、続いて喘息に対する入院加療を行っております。
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎手術なし手術・処置等2なし73人12.44日14.34日5.48%78.71歳
040081xx99x00x誤嚥性肺炎手術なし手術・処置等2なし 副傷病なし49人20.94日21.69日16.33%85.55歳
150020xxxxx0xx細菌性腸炎手術・処置等2なし38人8.74日7.33日0%38.95歳
内科では細菌性肺炎、誤嚥性肺炎と、肺炎の患者様を多く治療しております。肺炎の患者様は高齢になるほど重症になる傾向があります。肺炎のデータに関しては「指標4.成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌---10--17版
大腸癌-------
乳癌-------
肺癌-------
肝癌-------
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では癌の治療も積極的に行っております。外科医がカンファレンスを行い、癌の進行状況に応じて切除術、化学療法などを実施し、患者様の状態に合わせた幅広い治療を実施しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0---
重症度 122人10.91日56.36歳
重症度 242人13.05日82.24歳
重症度 326人14.46日85.46歳
重症度 4---
重症度 5---
不明---
肺炎は日本人の死因の第3位です。嚥下性肺炎は入っておらず市中肺炎のみの統計ですが、感染性の市中肺炎は年齢が高齢化するほど重症度が上がる傾向がみらます。重症度別では重症度1~2といった中間程度の重症度が70%を占めています。適切な抗生剤の使用、また長期入院に対し筋力・体力低下を防ぐ為、早期のリハビリテーションの導入を心掛けております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群-----
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群-----
I63$脳梗塞-----
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-----
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-----
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-----
I679脳血管疾患,詳細不明-----
当院はCTやMRIにより脳梗塞の診断は出来ますが、専門的な治療を必要とする場合は迅速に専門医のいる病院へ転院の手続きをいたします。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335鼠径ヘルニア手術88人1.08日2.03日2.27%32.13歳
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術50人5.02日7.40日6.00%64.74歳
K7181虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)29人0.28日5.83日0%31.38歳
鼠径ヘルニア手術は、小児の方も多くおられるため平均年齢が下がっています。腹腔鏡下胆嚢摘出術は、腹腔鏡を用いて低侵襲の手術を行っております。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(大腿)(上腕)83人2.92日19.70日25.30%80.84歳
K0462骨折観血的手術(前腕)(下腿)(手舟状骨)58人1.91日6.07日0%54.72歳
K0811人工骨頭挿入術(股)(肩)47人3.02日18.91日36.17%81.6歳
外傷の手術を数多く行っております。骨折観血的手術(大腿)と人工骨頭挿入術(股)は、退院後に介護施設等を利用されるご高齢の方が多いため転院率が高くなっております。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K617-4下肢静脈瘤血管内焼灼術275人0.04日0.84日0%60.14歳
K5612ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)12人2.42日9.75日8.33%76.25歳
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)-----
「横浜戸塚下肢静脈瘤センター」を開設し、レーザー機器を用いた血管内レーザー焼灼術による治療を行っております。これは皮膚を切開せずにファイバーを静脈に刺入し、レーザーを照射することで静脈を中から閉塞させる方法です。また、胸腹部大動脈瘤に対しステント挿入術の実施や、不整脈に対するペースメーカー移植術といった手術を行っております。
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)72人0.28日1.22日0%67.90歳
K616四肢の血管拡張術・血栓除去術72人0.19日1.26日4.17%75.64歳
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)14人0.07日6.21日0%66.50歳
PCIと呼ばれる経皮的冠動脈手術を実施しております。カテーテルという細長い管を太ももの付け根、手首あるいは肘の動脈から冠動脈まで挿入し、このカテーテルを通じて冠動脈の狭窄や閉塞に対してステント(金属製の網目状のパイプ)を挿入し拡張する治療です。また、同様に四肢の閉塞性動脈症に対する血栓除去術を実施しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる13人0.48%
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一13人0.48%
異なる--
敗血症と診断されると重篤な症状に陥りやすく、迅速な加療が求められます。当院ではそういった状況に即座に対処すべく経験のある医師が病状に応じた治療を行っております。手術・処置等の合併症(内視鏡後の出血等)においても同様に治療を行っております。これらは主疾患に続発して起こるケースが多いため、全く発症させなくすることは難しいですが、少しでも改善できるよう努めています。
更新履歴
2016/12/08
コメントを修正しました。
2016/09/30
平成27年度病院指標を公開しました。