リハビリテーション科

当院リハビリテーション科の紹介

人員構成

PT17名 OT1名 トレーナー4名(うち非常勤3名) (令和元年現在)
 

主な対象疾患

整形外科疾患
  • 膝・足関節靭帯損傷・術後(前十字靭帯・後十字靭帯・前距腓靭帯 等)
  • 膝半月板損傷・術後
  • 全人工関節置換術術後(膝・股関節)
  • 脊椎固定術術後
  • 上下肢の骨折・術後
  • 変形性関節症、肩関節周囲炎、腰部脊柱管狭窄症等の慢性疾患
循環器疾患
  • 心不全
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 経皮的冠動脈インターベンション後
呼吸器疾患
  • 肺炎(誤嚥性・細菌性)
  • 気管支炎
  • 呼吸不全
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 乳がん術後
がん疾患

リハビリテーション科の特徴

リハビリテーション科の特徴
 
リハビリテーション科の特徴
急性期病床の入院と外来リハビリテーションを行っています。 主には整形外科疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、がんのリハビリテーションを実施しています

当院リハビリテーション科の特徴として、スポーツ整形外科を標榜しスポーツ愛好家からトップアスリートまで幅広くスポーツ外傷・障害のリハビリテーションに対応しています。また各スポーツチームと連携を取りながら競技復帰を目指したリハビリテーションを行っています。

セラピスト以外にトレーニング指導ができるトレーナーが常駐し、手術後の患部外トレーニングやアスレティックリハビリテーションを提供しています。関係するスポーツチームには理学療法士がトレーナーとして現場に赴き、チームの監督やコーチと情報交換し、選手にとって最適なコンディショニングを行っています。

リハビリテーション室には等速性筋力測定器(BIODEX)、十字靭帯機能検査機器(KS Measure KSM-100)、各種物理療法機器(伊藤超短波社製の複合型低周波治療器ES-5000および超音波治療器UST-770 等)、トレーニングマシン(レッグエクステンション、レッグカール、ホグレル 等)を備えています。

前十字靭帯再建術、半月板修復術の前後に定期的に評価を実施してフィードバックを行い、競技復帰の判断材料として活用しています。
ホグレル
ホグレル
トレーニング機器
トレーニング機器
トレッドミル
トレッドミル
等速性筋力測定器 BIODEX
等速性筋力測定器 BIODEX
レッグエクステンション
レッグエクステンション
複合型低周波治療器 ES-5000
複合型低周波治療器 ES-5000
また当科でインソール作成機材を導入し、作成技術を持ったセラピストがインソールの作成に当たっています。

インソールは様々な種目のスポーツ選手に使われているSIDASジャパン社の製品(https://sidas.co.jp/) を取り扱っています。 足元から人間の動きをみることができる当院のセラピストが患者様・選手の状態にあわせ、オーダーメードでインソールを作成しています。 オーダーメードでインソール
乳腺外科では乳がんの手術を行っており、術後のリハビリテーションを実施しています。術後にはパンフレットをお渡しし日常生活でのセルフケアができるよう指導し、きめ細やかな対応を行っています。

内部疾患のリハビリテーションでは、心臓リハビリテーション指導士の資格取得を推進し、心大血管のリハビリテーションにも力を入れていく予定です。

トレーナー活動

  • ニッパツ横浜FCシーガルズ(女子サッカー なでしこリーグ2部)
  • アステム湘南ウィクトリアス(女子バスケットボール 関東・東海地域リーグ)
  • 湘南ベルマーレフットサル ロンドリーナ
  • フットワーククラブ(男子サッカー 神奈川県1部リーグ)
  • 東海大学ラグビー部
  • 東海大学テニス部
  • 戸塚高校バドミントン部
  • 横浜隼人高校バスケットボール部
  • 横浜立野高校バスケットボール部
  • 横浜立野高校バレーボール部
  • 藤沢第一中学剣道部