HOME > 医療技術部門 > 臨床工学科

臨床工学科

臨床工学科

臨床工学技士とは、医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格で、現在の高度医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。
当院では4名の臨床工学技士が、人工心肺装置、人工呼吸器、血液浄化装置などの生命維持管理装置をはじめとした、様々な医療機器の操作・保守・管理を行い、患者様の安全を確保し医療事故防止に努め、チーム医療に貢献しています。カテーテル治療や開心術、ペースメーカ管理、血液浄化療法など多様な業務を行い、夜間や休日においてはオンコール体制を取って、救急医療にも迅速に対応しています。
より高い専門性を目指し、日々研修・研鑽しており、各関連学会が行っている学会認定資格を取得しています。(体外循環技術認定士、透析技術認定士、3学会合同呼吸療法認定士など)

臨床工学士の主な業務

カテーテル検査・治療
当院では、心臓・末梢血管・腹部などに対するカテーテル検査・治療を行っています。これら検査・治療の場で使用する医療機器(心電図ポリグラフ、血管内超音波(IVUS)、大動脈内バルーンポンプ(IABP)など)の操作を行い、チーム医療の一員として安全なカテーテル検査・治療のサポートを行っています。
人工心肺

開心術を行うために必要不可欠である人工心肺装置の操作及び管理を行っています。また、大動脈内バルーンポンプ(IABP)、経皮的心肺補助装置(PCPS)や自己血回収装置などの操作も行っています。

ME機器中央管理
ME機器中央管理

院内の医療機器(人工呼吸器、除細動器、心電図モニタ、輸液ポンプ、シリンジポンプ等)を中央管理し、保守・管理などを行い、医療機器の安全性・有効性の確保に貢献しています。

ペースメーカ管理
植込み式ペースメーカの設定を変更する為の装置(プログラマー、アナライザーなど)の操作、ペースメーカのデータ管理などを行っています。
血液浄化
血液透析(HD)、持続的腎代替療法(CRRT)、血漿交換(PE)、血漿吸着(PA)、LCAPなど、様々な血液浄化療法を行っています。