HOME > 病院のご案内 > 院長挨拶

院長挨拶

院長の挨拶

戸塚共立第2病院 院長 飯島 忠

このたび2018年4月から横浜柏堤会戸塚共立第2病院の院長を拝命した饗場 正宏(あいば まさひろ)です。
日本の医療は平均余命の延長により高齢者医療がクローズアップされていますが、病気やけがは本来すべての年齢に生じるものです。確かに三大疾患とされるがん・心筋梗塞・脳卒中は高齢者に多く発症しますが、高血圧・糖尿病やその他の生活習慣病はもっと若い世代から発症しますし、さらにインフルエンザに代表される感染症は誰もが罹るものと考えなければなりません。
現在の医療は診療手段の発達と機器の高度化により迅速な診断が可能となり、治療もエビデンスをもとに標準化され、外科的治療も低侵襲な手技に移行しています。また、医師・看護師に加え薬剤師・医療技術者・理学療法士などの多職種によるチーム医療の推進により病院で行うことは細分化・複雑化しています。さらに病院の機能も病気の急性期から慢性期の状態に合わせて機能分化しており、介護・養護施設や在宅医療とも連携していかなければならない時代となっています。
当院は2001年(平成13年)に現在の位置に新築移転し、2015年11月に2号館を増築し現在に至っていますが、当初より地域の住民の皆様に急性期医療を提供できる病院として24時間365日の診療を行っています。とくに救急に関しては横浜市の二次救急拠点病院として年間約2000台の救急車を受け入れています。一般診療では高齢化時代のニーズに相応してがんや生活習慣病の診療に加え、整形外科疾患、循環器疾患や乳腺外科などの専門診療も行っています。また、小児医療(小児科・小児外科)や若年者のスポーツ整形にも力を入れており、さらに耳鼻科・皮膚科も併設しています。
当院は患者様だけでなくそのご家族の健康も含めたケアも行える病院として患者様に選んでいただける病院でありたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

2018年4月  戸塚共立第2病院 院長 饗場 正宏