乳腺外科

診療の特徴

乳腺外科外来について
当院の乳腺外科外来で行うこと

・乳がんの精査・手術
・術後のアフターフォロー
・化学療法

当院の乳腺外科外来では、関連施設の戸塚共立サクラスクリニックへ受診された方で精査や手術が必要な方を中心に診察を行っております。
まったくの初めてという方につきましては、まず戸塚共立サクラスクリニックに受診して頂いております。

もし乳がんと診断されても、適切な治療計画を立て、患者さんが納得して受けられる治療に努めます。

乳がんの治療には抗がん剤治療もあり、様々な副作用が伴うこともあります。副作用をできるだけ軽減するための薬も積極的に使用し、苦痛の少ない治療を心がけています。

セカンドオピニオンなどのご希望がございましたら、遠慮なくお申し出ください。
手術
手術の原則はもちろん、がんを全て取り除くことにあります。その中で、比較的元通りに近い形態で乳房が残せると考えられる場合に、「乳房温存手術」が行えると考えます。
温存率という数字に固執して乳房温存手術にこだわることなく、患者さん一人ひとりの病態やニーズに合わせ、複数の選択肢の中から、最も適した治療法を提案することが大切だと考えます。
場合によっては無理に温存手術をするよりも、組織拡張器を用いた同時再建法の方が望ましい事もありますし、薬物療法を先に行いがんを小さくしてから温存手術をする方法なども提案したいと考えています。
センチネルリンパ節生検
乳がんでは、がんが転移しやすいリンパ節を調べる検査が治療方針を決定する上で重要と言われています。これまでは脇の下のリンパ節をすべて切除するのが標準的な方法でしたが、腕が腫れるなどの後遺症が出る場合があり、術後の生活に影響を及ぼすことがありました。
そこで現在では、リンパ節の切除範囲を最小限にとどめ、患者さんの負担を軽くする方法が広まっています。
しかし、術後の再検査が必要になってしまう場合があり、万能な方法とは言えません。

そこで当院では、センチネルリンパ節生検に「ICG蛍光法」を導入しています。
ICG蛍光法は、乳輪に蛍光色素を注入し、赤外観察カメラを使って体表からリンパ管を可視化させる方法です。
皮膚切開の位置や範囲を最小限に抑えることが可能になり、患者様の負担をより軽減することができるようになりました。

担当医

八塚正四(ヤツヅカ マサシ)

西澤 昌子(ニシザワ マサコ)
専門:乳腺外科


資格:
  • 日本乳癌学会乳腺専門医
  • 日本外科学会専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • がん治療認定医