小児外科(小児便秘)

小児慢性便秘(症)

小児慢性便秘(症)とは
便秘とは排便が長い間ない場合や出にくい場合を意味します。一般に5日間以上も排便がない場合は便秘と考えます。また、毎日排便があっても痛みを伴う場合や出血する場合も便秘と考えます。
子どもの便秘はそのままにしておくと食欲がなくなり、腹痛、嘔吐をきたすこともあり、成長障害をきたす可能性があります。また、さらに便が腸全体に溜り一見便が毎日出ているように思っても便を頻回に漏らす結果となり(遺糞症)、そのためにいじめの対象となったりすることがあります。
良い便は「バナナうんち」ですが、ウサギの糞のような「コロコロうんち」や「悪臭の強いうんち」はこの便秘の可能性があります。
この便秘が1~2か月以上続く場合は、治療の必要な「便秘症」となります。
時期的には離乳食を始めた頃、トイレトレーニングを始めた頃、入学した頃など食生活の変化や環境の変化でこの状態が出現することが多いといわれています。そのままにしておくと、大人になってもこの便秘が続くことがあります。早く治療を始めることをおすすめします。治療の中心は排便習慣を身に着けさせることで、そのために薬で補助することも多くあります。適切な治療を早い時期から行えば、数カ月で通常の排便状態に戻すことが可能です。
「便秘症かなあ?」と思ったら、気軽にご相談ください。
当病院では便秘専門の小児外科医が対応いたします。

小児外科 顧問 土岐 彰
受診をご希望の方へ
小児慢性便秘(症)外来 水曜日(午前)

《受付時間》
午前 8:30~12:00

※成人で便秘でお悩みの方は、骨盤機能外来をご案内しております。
(第1、第3木曜日 神山 剛一 医師)


先生のご紹介
<顧問>
*土岐 彰(とき あきら)
診療担当日:水曜日午前、金曜日午前
日本外科学会特別会員指導医・専門医、日本小児外科学会名誉会員・指導医・専門医
香川医科大学手術部助教授、昭和大学小児外科学教授を経て、
現在、戸塚共立第2病院顧問
日本外科代謝栄養学会、日本静脈経腸栄養学会監事、日本ヘルニア学会特別会委員・評議員・ガイドライン委員会委員
日本周産期新生児医学会功労会員、日本外科系連合学会Fellow会員・評議員