HOME > 診療科案内・医師紹介 > 麻酔科

麻酔科

診療の特徴

手術を受けられる患者様へ ~点滴なしでストレスなし!~

これまで手術・麻酔を受ける患者様は前日の夜から飲まず食わずで、点滴で水分を補給して手術に臨んでいました。そのため、誤って点滴が抜けないように動きを制限しなくてはならなかったり、喉の渇きや空腹を我慢しなければならないといったストレスがありました。

しかし最近の研究で、手術の数時間前まで口から水分を補給する事が可能であり、点滴は手術室に来てから取れば良いことが分かってきました。
これを「術前経口補水療法」と呼びます。
点滴しないことによって手術を受ける直前まで自由に動けるようになり、口から水分補給することで口渇・空腹などのストレスや不安の軽減につながります。
また、経口補水療法により手術前の絶飲食時間を短くすることで、術後の腸の早い回復につながるといわれています。

この「術前経口補水療法」は近年考案された術後回復強化プログラム(enhanced recovry after surgery:ERAS)の中の一項目です。ERASは手術を受ける患者様の出後の回復を早めることを目的としており、「手術前の絶飲食をしない」「手術中は体を温める」「硬膜外麻酔で手術後の痛みを和らげる」「手術後は早めに歩行・リハビリを始める」「手術後は可能な限り早めに口からの飲み食いを再開する」など多数の項目が含まれています。

そのため様々な部署の枠を超えたチーム医療構成が必要になります。当院では麻酔科を始めとする各診療科、看護部、栄養科、リハビリテーション科、事務等がチームを作りこのプログラムに取り組み、2011年より「術前経口補水療法」を始めております。

このように当院では最先端の手術医療に取り組んでおります。これからは点滴なして両手を振って手術室まで歩いて来て下さい!(状況によっては術前の点滴が必要なこともありますので、適応はこちらで判断させていただきます)

担当医

山下 哲秀(ヤマシタ アキヒデ)

麻酔科部長 眞一 弘士(マカズ ヒロシ)
専門分野:
手術麻酔

資格:
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医

山下 哲秀(ヤマシタ アキヒデ)

佐藤 美紀(サトウ ミキ)
専門分野:
手術麻酔

資格:
  • 麻酔科標榜医
  • 麻酔科専門医
  • 麻酔科指導医
  • 日本心臓血管麻酔暫定専門医